消息

NAD+の減少と前駆体NMNで摂るべき理由

●NAD+の減少について 1. 30代から減少開始: • NAD+のレベルは30代から徐々に減少し始め、40代以降で顕著な減少が見られます【参考: Yoshino, J., et al. 「NAD+中間体:NMNとNRの生物学と治療の可能性」細胞代謝、2018年】。 2. 50代で突然減少: • 50代に入るとNAD+レベルはさらに大きく減少し、この頃には若年期と比べておおよそ50%程度まで減少する可能性があります【参考: Braidy, N., et al. 「ウィスターラットにおけるNAD+代謝、酸化ストレス、およびSIRT1活性の加齢関連変化」 PLOS ONE、2011年】。 3. 60代以降の顕著な低下: • 60代を過ぎると、NAD+レベルはさらに低下し、加齢に伴う様々な健康問題に寄与する【参考:Massudi, H., et al. 「ヒト組織におけるサーチュイン活性、NAD+代謝、酸化ストレスの加齢に伴う変化」 PLOS...

NAD+の減少と前駆体NMNで摂るべき理由

●NAD+の減少について 1. 30代から減少開始: • NAD+のレベルは30代から徐々に減少し始め、40代以降で顕著な減少が見られます【参考: Yoshino, J., et al. 「NAD+中間体:NMNとNRの生物学と治療の可能性」細胞代謝、2018年】。 2. 50代で突然減少: • 50代に入るとNAD+レベルはさらに大きく減少し、この頃には若年期と比べておおよそ50%程度まで減少する可能性があります【参考: Braidy, N., et al. 「ウィスターラットにおけるNAD+代謝、酸化ストレス、およびSIRT1活性の加齢関連変化」 PLOS ONE、2011年】。 3. 60代以降の顕著な低下: • 60代を過ぎると、NAD+レベルはさらに低下し、加齢に伴う様々な健康問題に寄与する【参考:Massudi, H., et al. 「ヒト組織におけるサーチュイン活性、NAD+代謝、酸化ストレスの加齢に伴う変化」 PLOS...

東大医学部でのNMNヒト試験結果

東京大学医学部附属病院の五十嵐正樹助教らの研究チームは、NMNの投与が健康な高齢男性の握力や歩行速度を改善する効果を確認しました。65歳以上の男性42人を対象に、1日250mgを12週間投与し、NMN群では血中NAD濃度がプラセボ群の2倍以上に増加し、有害事象も確認されませんでした。握力と歩行速度の改善は、サルコペニアの予防に寄与する可能性を示しています。 筑波大学でも同様の研究が行われ、65歳以上の男女108人を対象にNMNまたはプラセボを12週間投与しました。NMN摂取群で下半身の筋力や睡眠の質が有意に改善されたことが報告され、高齢者の運動機能の老化抑制に効果が期待されています。 今後、NMNの投与期間延長や投与量増加による運動機能や筋力のさらなる改善効果を検証予定です。NMNが聴力改善や認知症予防にも寄与する可能性が示唆されています。五十嵐助教はNMNの抗老化効果を追求し、サルコペニア予防や健康寿命の延伸に貢献することを目指しています。

東大医学部でのNMNヒト試験結果

東京大学医学部附属病院の五十嵐正樹助教らの研究チームは、NMNの投与が健康な高齢男性の握力や歩行速度を改善する効果を確認しました。65歳以上の男性42人を対象に、1日250mgを12週間投与し、NMN群では血中NAD濃度がプラセボ群の2倍以上に増加し、有害事象も確認されませんでした。握力と歩行速度の改善は、サルコペニアの予防に寄与する可能性を示しています。 筑波大学でも同様の研究が行われ、65歳以上の男女108人を対象にNMNまたはプラセボを12週間投与しました。NMN摂取群で下半身の筋力や睡眠の質が有意に改善されたことが報告され、高齢者の運動機能の老化抑制に効果が期待されています。 今後、NMNの投与期間延長や投与量増加による運動機能や筋力のさらなる改善効果を検証予定です。NMNが聴力改善や認知症予防にも寄与する可能性が示唆されています。五十嵐助教はNMNの抗老化効果を追求し、サルコペニア予防や健康寿命の延伸に貢献することを目指しています。

NMNの老化抑制効果と腸管の健康に関する研究の進展

中国温州医科大学の研究チームは、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の補充が早期老化マウスの寿命を延ばし、腸管健康を改善する効果を発見しました。具体的には、NMNを経口投与することで、早期老化マウスの平均寿命が14%、中位寿命が20%、最大寿命が10%延長されました。また、健康な中年マウスに対してもNMNを投与することで、腸管の緊密結合タンパク質(Claudin-1)のレベルが約4倍に増加し、腸管の構造的完全性が回復しました。NMNは腸内細菌のバランスも改善し、ビフィズス菌やアッカーマンシア菌などの有益な腸内細菌の存在度を増加させることが確認されています。この研究結果は、NMNが老化関連疾患の予防や治療に寄与する可能性を示しており、今後の人間における研究の基礎となるでしょう。また、NMNが人間の健康寿命を延ばす可能性を探るためのさらなる研究が期待されます。

NMNの老化抑制効果と腸管の健康に関する研究の進展

中国温州医科大学の研究チームは、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の補充が早期老化マウスの寿命を延ばし、腸管健康を改善する効果を発見しました。具体的には、NMNを経口投与することで、早期老化マウスの平均寿命が14%、中位寿命が20%、最大寿命が10%延長されました。また、健康な中年マウスに対してもNMNを投与することで、腸管の緊密結合タンパク質(Claudin-1)のレベルが約4倍に増加し、腸管の構造的完全性が回復しました。NMNは腸内細菌のバランスも改善し、ビフィズス菌やアッカーマンシア菌などの有益な腸内細菌の存在度を増加させることが確認されています。この研究結果は、NMNが老化関連疾患の予防や治療に寄与する可能性を示しており、今後の人間における研究の基礎となるでしょう。また、NMNが人間の健康寿命を延ばす可能性を探るためのさらなる研究が期待されます。