東大医学部でのNMNヒト試験結果

東京大学医学部附属病院のNMN研究

東京大学医学部附属病院の五十嵐正樹助教らの研究チームは、NMNの投与が健康な高齢男性の握力や歩行速度を改善する効果を確認しました。この研究は、65歳以上(平均年齢71.5歳)の健康な男性42人を対象に行われ、被験者を無作為にNMN群とプラセボ群に分け、1日250mgを12週間投与しました。結果、NMN群では血中NAD濃度がプラセボ群の2倍以上に増加し、特に有害事象は確認されませんでした。

握力と歩行速度は、サルコペニア(筋肉減少症)の進行指標であり、これらが改善されたことはNMNがサルコペニアの予防に寄与する可能性を示しています。また、NMNの摂取によりNADが増加し、サーチュイン酵素が活性化されることで、老化を制御する効果が期待されます。

筑波大学のNMN研究

筑波大学でも同様の研究が行われ、65歳以上(平均年齢72.6歳)の男女108人を対象にNMNまたはプラセボを1日250mg、12週間投与しました。この研究では、NMN摂取群で下半身の筋力や睡眠の質が有意に改善されたことが報告されており、高齢者の運動機能の老化を抑える可能性が高いとされています。

NMNのさらなる研究と期待

今後の研究では、NMNの投与期間を延ばし、投与量を増加させることで、運動機能や筋力のさらなる改善効果を検証する予定です。また、NMNが聴力改善に寄与する可能性も示唆されており、認知症予防においても期待されています。

五十嵐助教は、NMNががん化のリスクが低いこと、安全性が高いことを強調しており、NMNの抗老化効果をさらに追求することで、超高齢社会におけるサルコペニアの予防や健康寿命の延伸に貢献することを目指しています。また、NMNの価格や品質の課題にも取り組み、より多くの人々が利用できるようにすることを目指しています。
กลับไปยังบล็อก