NMNの老化抑制効果と腸管の健康に関する研究の進展

中国温州医科大学の研究チームが発表した最新の研究によれば、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の補充により、早期老化マウスの中位寿命を20%延長し、腸管構造の完全性を回復させることができると報告されています。この研究は、食品科学と機能性食品の専門誌「Food & Function」に掲載されており、NMNの老化抑制効果と腸管健康への影響に関する新たな知見を提供しています。

NMNの効果とそのメカニズム

NMNは、体内でニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)に変換される重要な前駆体です。NAD+は、細胞のエネルギー代謝や修復機能を支える不可欠な補酵素であり、加齢に伴いそのレベルが低下することが知られています。NAD+の減少は、老化や多くの老化関連疾患の進行に寄与すると考えられており、NMNの補充によってNAD+のレベルを回復させることが期待されています。

温州医科大学の研究チームは、早期老化を引き起こす遺伝子変異を持つマウスモデルを用いて、NMNの効果を詳細に検討しました。このマウスモデルは、通常よりも短命であり、約5ヶ月しか生存しないため、老化研究に適したモデルとされています。研究結果によれば、NMNを経口投与することで、早期老化マウスの平均寿命が14%、中位寿命が20%、最大寿命が10%延長されたことが確認されました。

さらに、健康な中年マウスに対してもNMNを投与したところ、腸管が多タンパク質複合体に密接につながっていることが回復されました。これは、腸管の構造的完全性と機能障壁の維持にとって極めて重要です。腸管障壁は、病原体や有害物質の侵入を防ぎ、体内の健康を保つ役割を果たしています。NMNの補充によって、腸管の緊密結合タンパク質であるClaudin-1のレベルが約4倍に増加し、腸管機能が著しく向上したことが示されました。

腸内細菌叢への影響

NMNは、腸内細菌叢にも有益な影響を与えることが明らかになっています。腸内細菌叢は、消化機能や免疫機能に密接に関連しており、健康寿命に大きな影響を与えます。研究では、NMNの補充により、ビフィズス菌やアッカーマンシア菌といった有益な腸内細菌の存在度が増加したことが確認されました。ビフィズス菌は抗がん特性を持つことが知られており、アッカーマンシア菌は長寿と関連していることが示されています。これらの腸内細菌のバランスを改善することで、NMNは老化に伴う腸管機能の低下を防ぎ、全体的な健康状態を向上させる可能性があります。

早期老化マウスを用いた実験の意義

健康マウスの寿命は約2.5年であり、寿命に関する研究は時間とコストがかかります。しかし、早期老化マウスは寿命が短いため、NMNの効果を迅速かつ効率的に評価することができます。今回の研究では、早期老化マウスの中位寿命が20%延長され、最大寿命も10%延長されるという結果が得られました。この結果は、他の老化関連疾患モデルでもNMNが有望な効果を示すことを支持しています。

例えば、筋萎縮性側索硬化症(ALS)モデルマウスにおいても、NMNの補充により中位寿命が約3.5%延長されたことが報告されています。ALSモデルマウスでは最大寿命の延長は観察されませんでしたが、早期老化マウスでは顕著な寿命延長効果が確認されています。これらの結果は、NMNが老化関連疾患や加齢に伴う機能低下に対する治療法としての可能性を示しています。

NMNと人間の健康寿命

現在のところ、NMNの効果は主にマウスモデルで確認されていますが、人間における効果を検証するための研究も進行中です。NMNと同様に、ニコチンアミドヌクレオチド(NR)もNAD+の前駆体として機能し、加齢に伴うNAD+の減少を補うことが期待されています。NRは、年齢に関連する神経退行性疾患や心血管疾患、代謝疾患に対する治療効果があることが示されていますが、健康なマウスの寿命を延ばす効果は確認されていません。

NMNに関しては、早期老化マウスにおける寿命延長効果が確認された一方で、健康な高齢マウスに対する効果を確定するための研究が今後の課題となっています。もし、健康なマウスにおいてもNMNが寿命を延長する効果が確認されれば、人間におけるNMNの潜在力をさらにテストするための道が開かれるでしょう。この点において、NMNが人間の健康寿命を延ばし、老化に伴う疾患の予防や治療に寄与する可能性が期待されています。

結論

中国温州医科大学の研究チームによるNMNの研究は、老化抑制と腸管健康に関する新たな知見を提供しています。早期老化マウスモデルを用いた実験では、NMNが中位寿命を20%延長し、腸管構造の完全性を回復する効果が確認されました。さらに、腸内細菌叢のバランスを改善し、健康な腸機能を維持することが示されています。これらの結果は、NMNが老化関連疾患の治療や予防に寄与する可能性を示唆しており、今後の人間における研究に対する期待が高まっています。

 

参考文献

    Gu Y, Gao L, He J, Luo M, Hu M, Lin Y, Li J, Hou T, Si J, Yu Y. β-Nicotinamide mononucleotide supplementation prolongs the lifespan of prematurely aged mice and protects colon function in ageing mice. Food Funct. 2024 Mar 6. doi: 10.1039/d3fo05221d. Epub ahead of print. PMID: 38445897.
    Birkisdóttir MB, van Galen I, Brandt RMC, Barnhoorn S, van Vliet N, van Dijk C, Nagarajah B, Imholz S, van Oostrom CT, Reiling E, Gyenis Á, Mastroberardino PG, Jaarsma D, van Steeg H, Hoeijmakers JHJ, Dollé MET, Vermeij WP. The use of progeroid DNA repair-deficient mice for assessing anti-aging compounds, illustrating the benefits of nicotinamide riboside. Front Aging. 2022 Oct 12;3:1005322. doi: 10.3389/fragi.2022.1005322. Erratum in: Front Aging. 2022 Nov 23;3:1086552. PMID: 36313181; PMCID: PMC9596940.
    Harrison DE, Strong R, Reifsnyder P, Kumar N, Fernandez E, Flurkey K, Javors MA, Lopez-Cruzan M, Macchiarini F, Nelson JF, Markewych A, Bitto A, Sindler AL, Cortopassi G, Kavanagh K, Leng L, Bucala R, Rosenthal N, Salmon A, Stearns TM, Bogue M, Miller RA. 17-a-estradiol late in life extends lifespan in aging UM-HET3 male mice; nicotinamide riboside and three other drugs do not affect lifespan in either sex. Aging Cell. 2021 May;20(5):e13328. doi: 10.1111/acel.13328. Epub 2021 Mar 31. Erratum in: Aging Cell. 2022 Jul 27;:e13672. PMID: 33788371; PMCID: PMC8135004.
    Palmas V, Pisanu S, Madau V, Casula E, Deledda A, Cusano R, Uva P, Loviselli A, Velluzzi F, Manzin A. Gut Microbiota Markers and Dietary Habits Associated with Extreme Longevity in Healthy Sardinian Centenarians. Nutrients. 2022 Jun 12;14(12):2436. doi: 10.3390/nu14122436. PMID: 35745166; PMCID: PMC9227524.
    Song Q, Zhang X, Liu W, Wei H, Liang W, Zhou Y, Ding Y, Ji F, Ho-Kwan Cheung A, Wong N, Yu J. Bifidobacterium pseudolongum-generated acetate suppresses non-alcoholic fatty liver disease-associated hepatocellular carcinoma. J Hepatol. 2023 Dec;79(6):1352-1365. doi: 10.1016/j.jhep.2023.07.005. Epub 2023 Jul 17. PMID: 37459922.

블로그로 돌아가기